AMPプラグインでサイト表示が変になった時の堅実的で簡単な対処法

目安時間:約 11分

アドセンスブログを運営していて、収益を得る為に必ず必須になるのが広告の表示。

 

AdSenseの広告コードを取得したり、収益を見たい時にGoogle AdSenseにログインをします。

 

 

その、アドセンスの収益が表示されるホーム画面に、なんだか気になる表示が・・・。

 

 

最適化:増収が見込める方法があるよ!!

 

と、ホーム画面に訪れるとGoogle様が毎回言ってきます。

 

 

。。。う〜ん。

 

気になる。。。

 

 

上の画像では消えてしまっているのですが、

最適化の推奨画面AMPプラグインを入れると、サイト表示が早くなりますよ〜!」というAMPプラグイン推奨している項目が出ています。

 

「へぇ〜、表示が早くなるという事は、サイト訪問者に良い事=サイト評価にも良い事だな。」と思い、

早速、追加して有効化をしてみたところ。。。

 

・・・・・

 

・・・・・

 

な、・・なぬ・・

 

こんな表示が・・・!

 

 

 

自分が使っているWPのテーマは、Simplicity2の安定版を使っているのですが、

サイトを見てみると、ドメインがデカデカと表示され、WPの投稿者の名前も入り、表示レイアウトが勝手に変更されています。

 

AdSense広告も表示され無くなっていて、

 

「な・・なんなんだコレは・・・」と意気消沈。。。

 

 

使っているWPテーマによっては、この事象が起こらないものもあるそうですが、

とにかく、「マズイ」と思い色々調べてみたところ、コードをいじると復活するという情報が・・・。

 

ですが、

コードなんて、ほとんど分からない我輩にはチンぷん完pun。

 

「他の方法はないのか?」といろいろ模索し、どうにか復活させる事が出来ました。

 

 

ここでは、Simplicity2の安定版を使用していて、AMPプラグインを入れてサイト表示がおかしくなり、

HTMLコードをいじる事が出来なかったり、色々な事をするのが億劫で、何も出来なく意気消沈している人へ

 

私がおこなった、簡単で堅実的なサイト表示復活方法を記していきます。

 

 

 

 

 

 

AMPプラグインが適用になった表示

 

まず、適用されてしまっているか確認しよう。

 

ほとんどのサイトでもそうだと思いますが、対象のサイトはスマホでの閲覧がかなり高いので、

スマホにて、サイト表示の確認。

 

 

 

・↑ 勝手にレイアウトが代わり、AdSense広告が無くなってしまう。

 

 

・↓ 検索表示画面で、自身のサイトURLの左隣に「AMP」マークが入る。

 

 

・↓ 自身のサイトURL最後部にAMPと勝手に入っている。

 

【例】https://selfreform1.com/practical-diary/amp-plug-in-pv-down.html/amp ←こんな感じ。

 

 

上記の内容にあてはまれば、AMPプラグインの有効化が残念ながら適用になっている。

 

上記の表示がなければ、

おめでとう!見事、何にもなっていない。

 

 

それでは、AMPプラグインでサイトが変になってしまった場合の復活方法を紹介します。

 

 

 

 

 

AMPプラグインからのサイト復活方法

 

上記にも記載しましたが、サイト表示を復活させるのに手っ取り早い方法は、HTMLコードを編集する事です!

 

なんでも、AMPプラグインのコードを変えて、Googleにインデックスさせないようにするとの事・・・。

 

 

「やっぱり、なんか色々と面倒だなぁ〜。」と、思った私は、まずAMPプラグインの有効化を解除しました。

 

 

すると、こんな表示が・・・、

 

 

 

AMPという文字が入っているURLで開くと、この表示が出てくる模様!

 

 

次に、AMPプラグインの削除を行いました。

 

 

するとこんな表示・・・、

 



もう、ここからは元に戻す事しか出来ません。

 

しかし、AMPと入っていないURL(自身のサイトの内部リンクなど)から開くと、今まで通りAMPの文字の無いURLで、通常に表示されます。

 

という事は、自身のサイトの情報が変われば通常に戻るという事で、

インデックスされる事によって、自身のサイト情報が上書きされれば、通常に戻るという事になります。

 

 

すぐにでもインデックスされたい場合は、Google Search ConsoleのFetch as Googleでインデックスリクエストをすれば、早くサイト情報が上書きされるのですが、

 

別のプラグインで、インデックスを自動でしてくれるプラグインを入れてしまっている為、Fetch as Googleは使えません

 

↑これは、経験済みなのですが、同じ記事を何度もインデックスリクエストをしてしまうと、スパム扱いにされてしまうからです。

 

 

これ、↓↓↓

 

嘘でしょ!!スパム判定確定!?死ぬほど後悔しているやらかした事

 

安全に復活をさせる為には、自然に上書きをされる事

 

幸いにもアドセンスブログなので、毎日の投稿をしていました。

 

しかも、毎日1記事以上の投稿を3ヶ月以上続けているので、インデックスもある程度早い方です。

 

 

いつも通り記事投稿を続けて、自然に上書きされる事を待ちます。

 

すると・・・、

 

1日のPV数が激減してしまっていた状況が、ゆっくりですがAMPを入れる前と同じPV数に戻ってきました。

 

 

 

↓↓↓ かわいい記事たちが、AMPプラグインに染まっていった時の状況。

 

 

 

↓AMPプラグインを削除して、記事の投稿を行い1日経過した後の状況。

 

 

徐々に減っていっています。

 

 

そして、1週間経過した後は、

完全にAMPの入ったURLの記事は無くなりました。

 

 

PV数も元通りになり、ホッと一安心です。

 

 

このアドセンスブログでは、インデックスが早い方なので、4日や5日くらいで元通りに復活しましたが、

 

投稿するタイミングが定期的では無く、遅かったりすると、インデックスも遅かったりしますので、復活までに何日もかかる場合があります。

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

 

まとめると、

 

  1. AMPプラグインの有効化を解除
  2. AMPプラグインの削除
  3. 自然なインデックスの上書きを待つ

 

AMPプラグイン復活までの道筋は、なんてことの無い作業で元通りになります。

 

つい焦ってしまい、色々な事を分からないのにやってしまって

せっかく苦労して作ったサイトを、再起不能にしてしまった!という人も多くいると聞いています。

 

実際に行った方法は、たいした事では無いかもしれませんが、安全性があり、無難で堅実的な方法だと思っています。

 

 

今回、このような自体になりまして、

例え天下のGoogle様の推奨でも、むやみやたらに調べもせずに実行する事は、控えた方が良いという事を学ぶことが出来ました。

 

こちらをご覧のみなさんも、もし「良さそうだ!」と思っても、一旦立ち止まり、

調べてから実行をする事をオススメしますよ。

 

 

 

 

 

人気ブログランキングに参加中です!

応援して頂けると とても喜びます!!
クリックするだけです

サラリーマン・お小遣い稼ぎランキング

WP 0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ