初めまして

目安時間:約 20分

 

こちらにご訪問いただき、誠にありがとう御座います。m(_ _)m

 

 

プロフィール

始めまして!!渡邉 茂と申します。

私は、三流会社のサラリーマンをしながら副業で収益を得ています。

 

1981年11月22日生まれ

B型

埼玉県在中です

 

ずーっと埼玉県に住んでいるのですが、4年ほど前に小さいですが念願のマイホームを購入し、嫁、娘1人、犬1匹の家族構成で、私の言った事に対して、嫁は結構な確率で否定をするのですが、そんな嫁が自分の意見を勢いで押し通す事に少し不満を持って暮らしています。

 

ですが私は、「いいふうふの日」生まれですので、良いダンナで無ければいけません。笑

 

ついこの間は、幼稚園に通う娘に「好きな子は〇〇ちゃん」と言われ、嫉妬に狂いそうになったけど、顔が引きつりながら我慢した、ごく普通の一般男性です。

 

 

実は私、ネットビジネスの可能性に惹かれ、情報商材に200万円以上をつぎ込んでいます。

いわゆる、ノウハウコレクター。

 

そして、ノウハウコレクターでいる事で収益を得ています。

今年の年末には会社を辞め、個人事業主となる予定です。

 

 

私の過去

恥ずかしいのですが、過去の話をさせて頂きます。

 

昔から貧乏な生活をしていたのですが、今思い返しても、とても辛く悔しかった思い出が多く蘇えります。

 

私の最終学歴は高卒で終わっていまして、児童施設の育ちです。

 

小さい頃にバブルが弾けたおかげで、親父の会社は倒産しました。

倒産した頃の親父の年齢は56歳、私の名前(2世代古い名前)から分かる通り、両親は高齢でしたので、次の働き口が見つからない状況だったと思います。

 

生活費や、借金などの支払いに追われているのに、親父は毎日テレビを見てゴロゴロしているだけの生活。

 

何か言えば、怒鳴りちらし、暴力をふるう。

 

私は、その頃の親父との会話の記憶が無いので、親父とは全く話をしていなかったと思います。

 

パート勤めをしていた母は、そんな親父との生活を「まるで精神がおかしくならないための様に」毎日親父の愚痴を私に吐いていました。

数少ない幼稚園から小学校低学年の時の親との記憶は、そんな母親が口に出す親父の愚痴や文句しかありません。

 

そんな生活をしていた小学校4年の1月、学校が早く終わった日の事。

ファミコンをしたくて急いで帰って、玄関のドアを開けると、親父が母の首を絞めている光景が目に飛び込んできました。

 

30年近く経っている今でも、鮮明にその時の親父の顔を覚えています。

 

母は後ろ姿でいて、

 

親父が歯を食いしばり、眉をこわばらせ、息んでいる顔を。

 

そのあとの私の行動はうる覚えですが、母を助けたい一心で向かっていったのは覚えています。

何度も投げられ、蹴られ、両方の鼻から鼻血が出て息苦しかったですが、母の為に親父が止まるまで向かっていきました。

 

やっと親父が止まった時の記憶は、「救急車を呼んでくれ」という親父の言葉。

 

母がガラスで出来た大きな灰皿で、親父の背中や、腹を殴り、やっと親父の動きが止まったという記憶です。

 

そして、母親が救急車を呼び、駆け付けた救急隊員の方により親父が運び出されました。

 

救急隊員の方から、母も私も任意同行を強く求められましたが、母は錯乱していたのか、何を言っているのか分からない状況でしたので、

私が、「アイツが母の首を絞めた」と口にしたところ、救急隊員の方からの任意同行を求める言葉が無くなりました。

 

その後、親父は「働けなくなった」と理由を付けて、相変わらず働かない状況。

そんな親父に嫌気がさした母は、逃げるようにいなくなりました。

 

そして、両親は離婚。

 

母がいなくなった時の感情は、何とも言えません。

今もこれを書きながら、その時の感情(泣きそう?悔しい?悲しい?)胸が締め付けられる?様な感情になります。

 

 

その後、親父は生きる力を無くし、私の前からいなくなりました。

 

私は、数少ない親戚を頼りましたが、たらい回しにされ、高校卒業まで施設で育ちました。

 

 

これでも、色々楽しい思い出もありますが、何度も何度も記憶が甦ってくる事と言えば、悔しかった事や、悲しかった事。

 

小学校では仲の良い友達の親に、噂話のネタ(興味本位?)で家族の事を聞かれたり、「あまりうちの子と仲良くしないで」と言われたり。

 

中学校では、そんな噂のせいなのかハブられたりして、とにかく人の目や、人の顔色をうかがう様になりました。

 

とても悔しくて、やるせなくて、そんな事を言われない(言わせない)為に、学校登校時は、施設にあった果物ナイフや、その時はまだ販売していた、おもちゃの警棒(本物に近い)を使う勇気も無いのに持ち歩き、全然弱いのに無理に虚勢を張り、無理やり強がっていました。

 

 

成人した後も、噂話って、ずっとついてまわります。

 

働き出してからも、差別とまでは言いませんが、「キミには(施設育ちだから)分からないだろうね。」などの様な言葉を言われる場面ってあります。

コレ、マジで本当の話です!

 

例え、そう言われて無くても、「そう言われた」と何のプラスにもならない事を考えてしまう癖があります。

 

社会に出ても結局は自分自身、何も変われない。

ずっと狭いところにいて、生きている感じがしていました。

 

 

 

期待と絶望

高校卒業後は、色々な仕事をさせて頂きました。

 

学も無く、出も悪い自分が、飯を食うために生きていくためには、「手に職を付けてやっていくしか無い!」と思い、職人の世界に飛び込みました。

 

しかし、根性の無い私は、色々な職種を転々とします。

「イヤになってしまう」コレが一番の理由です。

 

嫌になる理由は、仕事量だったり、人間関係だったり。

 

本当に、根性がありません・・・。

 

 

ちなみに今の会社は、家族が出来たからという理由で続いているんだと思います。

 

こんな私でも、信用してくれる、愛してくれる、頼りにしてくれる、笑ってくれる家族がいます。

子供からの「いっしょにあそぼっ!」と言う言葉・・・。

 

大人になっても、こんなに嬉しい言葉だとは、思いませんでした。

 

そして、家族というものが、こんなにも愛おしいものだと教えてくれました。

 

 

この家族に対して私が出来る事は、嫁や子供を幸せにする事!

 

「三流の会社でも、仕事を頑張り、出世して家族を楽にさせたい!」

 

そう決意を固めた矢先、「現実を分からされる出来事」が起こりました!

 

 

 

私はずーっと出向続きなのですが、ある出向先で同じく別会社から出向で来ていた方が、私を気に留めてくれて、

 
今より良い条件を出すから、うちの会社に来ないか?

と声を掛けて下さったのです。

 

もちろん、二つ返事でお願いしたい旨伝え、自社の社長にその事と、辞める内容を伝えたところ、

 

 
その会社より横の繋がりがあるし、安定を保証出来る。同じ条件を出すから、思いとどまって欲しい

と言われ、悩んだ私は長年世話になっている自社を選択し、声を掛けて頂いた方からの話は断らせて頂きました。

 

その後、給料日になり、約束したはずの条件の額が入っているか確認したところ、今まで通りの金額しか入っていなかったのです。

 

私は、こみ上げてくる怒りを抑えながら社長に電話をしました。

 

給料の金額を確認したところ、お話と違い今まで通りだったのですが・・・。

 

 
イヤ、それで合っている!

 

でも、お話しした条件の金額と全然違うのですが!!

 

 
お前、もう金の話はするな!給料の金額を確約するサラリーマンがどこにいる!安定なんか今の時代望めないぞ!他の社員もいるのに、使ってやっているんだから!

 

と言われ、言い返す事も出来ず、やり場のない怒りを自分の中に閉じ込め、これから先の不安と絶望感が限界を突破しました。

 

そしてその時は、会社の仕事を継続するしか無かったのです。

 

 

 

その後、出向先で担当していた業務が変わり、ますます労働量が増し苛酷になりました。

残業なんて当たり前、24時を越える事もざらにあります。

 

私は郊外に住んでいて、都内に通勤しているのですが、片道1時間45分。

朝の満員電車を避けるために早起きをしています。

 

東京の満員電車の辛さ、知っていますか??

・・・本気であばら骨折れますよ!

電車内パンパンで、身動き取れません。

 

そんな状況だから、気分が悪くなる人もいて、その気分が悪くなった人の対処をするためにギュウギュウ詰めの電車が止まり、早く出たいのにしばらく電車が止まったままで、苦し過ぎる状態が続いたり。

 

その状況で、まわりの人がイライラしだし舌打ちの嵐だったり。

 

オヤジ達と顔が近すぎる!なんて当たり前。

 

 

仕事では、会社も小さいため孫請けだったりする訳です。

 

理不尽な要求にも答えなければいけなかったり、親会社は下の会社に仕事を振る事しか考えていません。

ストレスが溜まっていくのが自分で分かります!

 

「安定も望めないこの会社で・・、この先、何十年もこれを続けるのか・・・。」

「自分の人生って、なんでこんなにクソなんだ?・・・」

 

私はこの社会の仕組みだったり、自分自身を否定し、絶望のどん底にいました。

 

 

ネットビジネスとの出会い

この出来事は私の人生を左右する、とても重要な出来事だったと思います。

 

絶望感に浸り、その日その日をやり過ごしている様な、いわゆる「社会の負け組」とラベルを貼られても、おかしく無い状況の時に、SNSで流れてくる広告に目が止まりました。

 

 

「自分の力で一生稼ぎ続けられる力を手に入れませんか?」

 

 

というアドセンス広告。この言葉は、その時の私の気持ちにドンピシャでハマり、思わずクリックをしました。

 

そこに書かれていた内容は、セールスライティングというものがあり、コピーライティングの技術を身に付ければ、未来の可能性は無限大!的な内容です。

 

私は、そのランディングページをじっくり読み、「夢のような未来を手に入れられるかもしれない!自分の可能性を信じよう!」と思い、そのセールスライティングの基礎が書かれた3.000円程度の本を購入しました。

 

その後は、基礎が学べる情報商材の講座を購入し、このネットビジネスの世界に足を踏み入れたのでした。

 

 

 

ノウハウコレクター化!?

そして今思うと、ネットビジネスという毒の沼の隠れボスの居る住処に、「布の服とヒノキの棒」で飛び込んだ様なものです!!

 

その時の私は、「このスキルを手に入れる事が出来れば、好きな物を買え、好きな事を好きな時間にでき、家族を幸せにする事が出来る!」と最高の未来を夢見て、自分なりに学習を始め、セミナーにも積極的に参加し、実践も行いました。

 

ですが、もともと文章を作成する事なんて、仕事でメールのやり取りをする程度です。

そんな人間が、たかだか半年間くらいの学習で、人の心を動かす文章が書ける訳ありません。

 

全く結果が出なくて「これは難しすぎる」と思っていた時に、あるところからの情報で、アフィリエイトというものがある事を知りました。

 

その中で、「Googleアドセンス」という比較的簡単に稼げるものがあると気付いた私は、「これなら稼ぐ事が出来るかもしれない」と、アドセンスブログに関する教材を購入していきました。

 

実践をして、なかなか結果が出ない中で、「最速で結果の出せる」「簡単に出来る」「ブルーオーシャン」などという言葉に敏感に反応し、色々な種類の教材などを購入!

 

中には購入しただけで、中身を見ていないものもあります。

典型的なノウハウコレクターですよね。

 

「本当に稼ぐ事が出来るのか?」と思い、金銭的にも本当に苦しい状態です。

 

 

私はこれまで、

 

  • コピーライティング商材
  • WEBライティング商材
  • ネットマーケティング商材
  • アフィリエイト商材
  • 仕事術商材
  • 有料ツール類

 

などなど。

 

購入し続け、気が付けば総額200万円以上使ってしまいました。

 

 

ですが、今、それらの経験があって収益を得る事が出来ています。

 

 

 

なぜノウハウコレクターを駄目扱いするの?

「だから結果が出ず、ノウハウコレクターになってしまうんです!!」

あなたもこの言葉、一度は見たり聞いた事があると思います。

 

 

この言葉、あなたは言われてどう思いますか?

 

「自分は違う!」ですか?

それとも、

「早く抜け出したい」ですか?

それとも、

「自分もなってしまったorz」ですか?

 

 

私は、必要な事だと思います!!

 

 

やり方、使い方をしっかり正しく利用すれば、これほど大きな強みになる事は無いと自負しています!

 

思い出してみて下さい。

 

 

独自性の強い記事が、Googleやyahoo!など検索エンジンからの評価が高い事を!

 

あなたの持っているコレクションを、上手く組合わせれば、あなたしか持っていないものになります。

 

使い方によって、

それは、あなたの強みとなり、最高の付加価値です。

 

ネットビジネスは、"ニッチ性"だったり、"他には無いもの"が成功のカギになると言われています。

 

いくらでも出来ると思いませんか?

 

あなたのそのコレクションを用いれば・・・。

 

 

 

底辺とまでは言いませんが、確実に「社会の負け組」だった私が出来たんです!

 

根性無しのこんな私にでも、出来るんです!!

 

あなたに出来ない訳がありません!!!

 

 

その様なあなたの付加価値を活用し、人生の水準を引き上げる事で、見えていなかったものが見える様になります。

 

そして、

 

時間的、経済的、心に余裕を持つ事で、本来のあなたが現れ、本当の人生が手に入るはずです。

 

余裕を持つ事で、家族に笑顔が増え、将来への不安が無くなり、常に優しい気持ちになれて、あなたに対するまわりの目が変わります。

 

 

私は、私と同じように苦しんだ方のために、自分の経験を踏まえ、あなたにとって有意義となる情報を無料でお送りしたいと考えています。

ブログでは伝える事の出来ない内容や、他では有料級の情報なども、お伝えしています。

 

しかし、残念ながら、あなたに合わない場合もあります。

その場合は、あなたの情報が保護された上で、すぐに解除する事が出来ます。

 

 

あなたが、お小遣いから始まり、人生が高まる過程を、私がお手伝い出来たら幸いです。

 

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

 

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ